GoodFellowsと陸マイラー

陸マイラーをやろうか迷ってた時にその話を友人にしたら、なんとその友人が先に始めてしまい、なんだかんだで私もやることになったブログ

陸マイラー孤独のマッサージ vol.7 仕事の合間にコッソリ編

◆これまでのあらすじ


陸マイラー活動を開始して3ヶ月半。クレカ案件1回、FX案件4件と、まだまだ駆け出しの孤独な陸マイラーが7回目のマッサージ案件に挑む・・・



◆マッサージの予約を行う


今回は7回目のマッサージ案件。これまでは休日だったり、仕事終わりに予約をしていたのだが、今回の状況はこれまでと異なっている。


〜12:00 仕事場A
12:00〜14:00 昼食、移動
14:00〜 仕事場B


今回こんなスケジュールなのだが、「昼食、移動」にマッサージをぶち込むことにした。


というのも、陸マイラー的マッサージ案件では新規店舗を目的地としなければならない。


自宅や通常仕事している仕事場Aの付近では自ずと限界が見えてくる。


実際前回のマッサージ案件ではミニ遠征と称して、交通費を別途支出している。


陸マイラー孤独のマッサージ vol.6 ミニ遠征編 - GoodFellowsと陸マイラー


今回いつもと異なる仕事場Bに移動する必要があるため、それをうまく利用しようという寸法だ。あまり時間的余裕はないが、まぁ大丈夫だろう。


今回利用したポイントサイトはモッピー。ちょびリッチもポイントアップしていたが2,750円だったため、3,000円のモッピーに軍配が上がった。


コースは30分3,240円のフットケアコースを選択。実は5回目のマッサージ案件と同じコース。


陸マイラー孤独のマッサージ vol.5 フットケア編 - GoodFellowsと陸マイラー


この案件をこなせば3,000円相当のポイントを稼ぐことができる。




◆マッサージを受ける


12時に仕事を終え、仕事場B近くのマッサージ店に向かう。どのタイミングで昼食を取ろうか迷ったが、万全を期して今日は昼食抜きにすることにした。


目的のマッサージ店はオフィスビルの地下1Fにあった。オフィスビルが3つあり、しかも地下で繋がっている。まさに都会のオフィス街といったところか。


若干迷いながらも10分前に到着。受付で予約していた旨を伝えると、席に案内されお水をいただく。


この系列の店舗も今回で3回目。タッチパネルでいくつかの質問に答える。慣れたもんだ。


もちろん着替えも忘れちゃいない。スーツを脱いだら短パンに履き替える。


そしていよいよ本番。施術が始まった。今日の担当はなかなか手際がいい。あまり無駄話をせず、どんどん進めていく。質問も最小限だ。うむ、悪くない。


あっという間の30分。やはり30分は短い。しかしながら今日も至福の時間だった。


会計も施術同様、手際がいい。だが次の瞬間耳を疑った。「エポスカードゴールドか、高島屋カードはお持ちですか?」


なんと、料金が10%OFFになるらしい。3店舗目にして初めて聞いた情報だ。


むむむ。エポスカードゴールドが欲しいぞ!もちろんインビテーションで!(ゴールドカードのインビテーション。貰えると永年年会費無料になる)


さて、午後の仕事も頑張るとするか。



◆ポイント判定を待つ


モッピーは通帳に記帳されない。前回の経験だと判定まで1ヶ月弱といったところか。


判定結果は後ほど更新することにしよう。。


(8/2更新)

・7/14 マッサージ予約

・7/18 マッサージ実施

・8/2 ポイント有効判定




時間や社会に囚われず、幸福に体を癒すとき、つかの間、陸マイラーは自分勝手になり、自由になる。


誰にも邪魔されず、全身の力を抜いてマッサージを受けるという孤高の行為。


この行為こそが、陸マイラーに与えられた最高の癒し、と言えるのである。


To Be Next Massage ...


・陸マイラー的マッサージ案件のトリセツはこちらから!