GoodFellowsと陸マイラー

陸マイラーをやろうか迷ってた時にその話を友人にしたら、なんとその友人が先に始めてしまい、なんだかんだで私もやることになったブログ

SBI FXでまさかの審査落ちwwwでも諦めないで!諦めたらそこで・・・

◆これまでのあらすじ


話は前後しますが、陸マイラー活動を開始して1ヶ月半。DMM FXをこなしたまだまだ駆け出しの陸マイラーが、今度はSBI FX案件に挑む!



◆FX案件は陸マイラー活動1年目のボーナスステージ


陸マイラー活動1年目のボーナスステージといえばFX案件でしょう。


一撃で15,000円相当のポイントが獲得できる案件がいくつかあるので、1年目はFX案件でポイントを大量に貯めつつ、クレジットカード発行や入会キャンペーンなどで毎月のソラチカルートを確保していくのが陸マイラー活動の王道なのかなと、最近思うようになりました。


1.DMM FX(4/15-5/11)18,000P
2.外為ジャパンFX(5/23-6/15)15,000P
3.みんなのFX(6/18-7/31)15,000P


上記3件は2017年に私が行ったFX案件で、日付は申込日とポイント付与日です。3件ともほぼ1ヶ月でポイント付与されています。


FX案件の良さは何と言っても気軽に申し込みができ、大量にポイントを獲得できるところです。


FX案件とは別に、陸マイラーの主力案件としてクレジットカード発行がありますが、こちらは審査落ちしてしまうと他のクレジットカード発行にも影響が出てしまい、最低半年間は喪に服す必要があります。


FX案件でも口座を開くために審査がありますが、FX業者間で情報を共有していないため、仮に審査落ちしたとしても他のFX案件に影響はありません。


というか、FXの口座開設はウソを書かずに正直に申し込みすれば、無職や学生ではない限りほとんど合格するみたいな情報が多いです。


『ウソを書かずに』というのは、例えば『年収』だったり『自己資産』だったり『投資経験』などの項目を正直に書くということです。


年収300万円の人が1,000万円と盛らず、投資経験がない人が経験10年ありますと書かなければいいという話です。


あまりにも当たり前ですねwww



◆SBI FXの審査落ちで衝撃が走るwww


話は前後しますが、DMM FXをこなした私は次の獲物とばかりにSBI FXに狙いを定めました。


ブラウザのキャッシュをクリアし、ポイントサイトのハピタスにログイン。


そこからSBI FXの広告をクリックし、口座開設ボタンをポチッと。


申し込みフォームで、氏名、住所、職業情報などをスムーズに入力していきます。


と、ここで一旦手が止まります。
『現物株式の投資経験』の項目です。


現物株式とは、上場している企業の株式を取引することです。普通に株を買った売った、を、イメージしていただければと。


最近は株の取引をやってませんが、遡ること10年ほど前に企業の株をいくつか買ってそのままにしていることを思い出しました。


買った後の1〜2年は証券会社のサイトにログインして株価を確認していたのですが、その後はしばらく置いておこう(塩漬け)ということで、そのままにしていたのです。


ここでちょっと迷いました。
私の現物株式の経験年数は何年なんだろう?


株の購入から計算すると約10年。
実際にサイトにログインして株価を確認してたのは1〜2年。


うーむ。どっちも正解なんだけど、申し込みフォームには何年と書くべきなんだろう。。


DMM FXの口座開設の時にどう書いたのか記憶にありません。。


インターネット上でいろんなキーワードで調べてみたものの答えは見つかりません。。


かなりの時間迷った挙句、『10年』を入力し、申し込みボタンを押しました!!!!






『誠に申し訳ございませんが、今回は口座開設を見送らさせていただきます』(的な文言でした。正確には覚えてません)


しばし呆然www
落ち着きを取り戻すために、しばらく時間がかかりました。


ちなみに私の属性をざっくり書くと、
・40代男性既婚
・平凡なサラリーマン


ですので、まさかFXの審査に落ちるとは夢にも思ってませんでした。


おそらく原因は『現物株式の投資経験年数』だと思うのですが、他にも記入漏れや記入ミスがあった可能性も否定できません。


何はともあれ否決は否決です。。
覆水は盆に返らないのです。。



◆でも諦めないで!諦めたらそこで・・・


今回申し込んだのは『ハピタス』経由でした。ハピタスの通帳を見たところ、記帳はされてないみたいです。


どうしたもんかと思いましたが、やはり我らが真矢みきパイセンの名言が頭をよぎります。



『諦めないで!』



さっそくハピタスに問い合わせをしてみたところ、翌日に返事が返ってきました。


『お問い合わせの『SBI FXトレード』のご利用に関しまして、過去ハピタス経由にてお申し込みをされた際に通帳へ反映されていない場合でも、再度のお申し込みは重複となり、ハピタスポイント獲得の対象外となってしまいます。』


オーマイガッ!!!!
これはもうダメですね。諦めるしかないみたいです。


でも、でも、でもでもでも!
我らが安西先生が優しい瞳で語りかけてくれます。



『諦めたらそこで試合終了ですよ』



名言の中の名言ですね。もう一踏ん張りしてみようと、登録している他のポイントサイトで同じFX案件をチェックすることにしました。


モッピーの広告を見てみると、『初めて「SBI FXトレード」に申込みされる方が対象』と明記してあります。


うーむ。申し込み自体は2回目になるので、残念ながら引っかかりそうです。。


今度はちょびリッチの広告を見てみると、そのような文言が明記されてるわけではありません。わりと緩いような気がする。。


これはひょっとして行けちゃうかも?ということで、ちょびリッチに問い合わせしてみました。


◆質問


『他のポインサイトで上記広告を利用した際に、FX側の審査で落ちてしまいました。今回ちょびリッチさまのポイントサイトから上記広告を利用したいと考えておりますが、その場合、ポイント対象となりますでしょうか?』


◆回答


①「審査に落ちて口座開設をできなかった場合」ちょびリッチからお申込みいただき、所定の条件を満たしていただければ成果対象となります。


②「他サイトで口座開設など所定の条件を満たしたが、却下」になった場合、ちょびリッチから再度お申込みいただいても、ポイント対象外になるとの回答がございました。


②の回答が微妙に気になるものの、ハピタスではそもそも記帳されていないので却下もされていない状況です。


これは行けるかも!?



◆SBI FXに再度申し込む


ちょびリッチからの回答を得て、今度はちょびリッチ経由でSBI FXに申し込むことにしました。


今度は『現物株式の投資経験』を1〜2年にし、他の項目も誤りがないか漏れがないかを入念に確認して申し込みを行いました。


その結果、なんとか無事に審査を通過することができました!!!!


(いったい何だったんだろうかwww)




今回の経緯を時系列で纏めるとこんな感じです。


・5/13(土)ハピタスで申し込み。審査落ち
・7/8(土)ちょびリッチで申し込み。審査合格
・7/10(月)口座開設メール受領
・7/12(水)郵便物受け取れず
・7/13(木)郵便物受領。入金。取引完了
・9/5(火)ポイント有効判定


申し込みからポイント有効判定まで約4ヶ月かかりましたが、途中で諦めないで本当に良かったと思います。


ポイントサイトの案件をこなしていると、時々無効判定にされたりすることがあります。


明確に理由が分かることもあれば、不可解な場合もあります。


諦めも肝心ですが、真矢パイセンと安西先生の言葉を胸に、今後も陸マイラー活動を続けようと思います。


FX案件で審査落ちしちゃったよ、という方に少しでも参考になれば幸甚。