GoodFellowsと陸マイラー

陸マイラーをやろうか迷ってた時にその話を友人にしたら、なんとその友人が先に始めてしまい、なんだかんだで私もやることになったブログ

陸マイラー活動半年間の集大成。誰でも年間216,000マイルのカラクリに迫る!

陸マイラー活動を始めて半年が経ちました。実践してみていろいろ分かったことがありますので纏めておこうと思います。


◆誰でも年間216,000マイルのカラクリとは


陸マイラーブログでよく見かけるこの表現。多少の違いはありますが、だいたいこんな感じです。陸マイラー活動をすれば本当に誰でも年間216,000マイルを貯めることができるのでしょうか。


世の中そんなに美味しい話なんてあるわけねーだろ、とは昔からよく言ったものです。無料でー、とか、リスクなしでー、という話に乗ろうものなら間違いなく詐欺に引っかかります。欲の皮が突っ張った残念な人として。陸マイラーが胡散臭く見られる理由の一つではないでしょうか。


ところがこの陸マイラー活動に限っていえば、ある意味正しく、ある意味間違いと言えるのです。その点を今回は探っていきたいと思います。


◆「誰でも」とは本当に誰でもなのか?


陸マイラー活動の主戦場はポイントサイトです。ポイントサイトとは、広告主の広告をわれわれ利用者に紹介する仲介屋のようなものです。広告主から広告料を受け取り、われわれにはポイントという形で還元してくれます。


適正な広告料(収入)で適正なポイント還元(支出)を行うことで、広告主とポイントサイトとわれわれ利用者がWIN-WIN-WINの関係を築くことができます。広告料をたくさん貰ってるのにポイント還元率が悪かったり、広告料が少ないのにポイント還元率が高かったりすると、ポイントサイトの経営は厳しくなります。物流の問屋さんと同じイメージですね。


ポイントサイトに掲載される広告はいろいろなものがありますが、陸マイラー目線で代表的なものは以下の通りです。


・クレジットカード案件
・FX案件
・無料相談案件
・資料請求案件
・外食モニター案件
・100%還元案件


これらの案件を実施していくと、ポイントサイトでポイントを貯めることができ、「ソラチカルート」を経由して、90%という高還元率でANAマイルに交換することができます。(ソラチカルートについては今回は省略します)


なるほど。確かに案件さえ実施することができれば、文字通り「誰でも」と言っても嘘ではないでしょう。しかし案件を個別に見ていけば決して「誰でも」できるとは言えないことが分かります。


◆クレジットカード案件


クレジットカード案件はクレジットカードを「使う」ことではなく、「発行する」ことでポイントを稼ぐことができます。


一度に10,000円相当のポイントを稼ぐことができることが多く、また無料で実施することができるため、陸マイラー活動の三本柱とも言われています。(誰が?


無条件でポイントが付与される場合もありますが、翌々月までにいくら以上利用とか、キャッシング枠をいくら以上設定、などの条件がつくこともあります。


不思議ですね。一昔前まではクレジットカードを使ってポイントを貯めるというのがスタンダードだったと思うのですが、いつの間にか時代は変わっていました。


もちろんクレジットカード利用でもポイントは溜まりますが、100万や200万の決済額では微々たるもの。この辺の動きに敏感になっていかないと、現代の大情報戦時代には取り残されてしまいそうです。。


クレジットカードは基本的には「誰でも」申し込みできますが、審査に合格する必要があります。つまり「誰でも」クレジットカードを発行できるわけではないということです。


また基本的には初めて発行するクレジットカードのみが対象となります。一度発行して解約したカードをまた申し込んでもポイントは付与されないという意味です。(まれに2度目以降の発行でもポイントが付与される案件があります)


ということで陸マイラーの基本戦略としては、
・月に一枚発行
・年会費がかかるものは二年目になる前に解約
・クレヒスを良くするために月に一回は利用
というのが定石となっています。


ここまでを纏めると「誰でも申し込むことはできるが、誰にでも発行されるわけではない」ということが分かると思います。


特に以下のような方はクレジットカード案件でポイントを稼ぐのは難しいかと思われます。
・安定した収入がない主婦や学生
・既に多くのクレジットカードを発行しているクレカマニア


主婦だってクレジットカード発行できるよ!という声が聞こえてきそうですが、もちろん発行できるカードもあります。ただ発行できるクレジットカードの範囲は審査の都合上、狭まるかと思われます。


なおクレジットカードのキャッシング枠が住宅ローン等の審査に影響するとの話もあります。マイルを貯めるためにクレジットカードを発行しまくり住宅ローンの審査に落ちる、といった笑い話にもならないような行動は謹んでいきましょう。


私自身の話をすると、クレジットカード案件には消極的なスタンスです。全く使わない予定のクレジットカードを発行してポイント貰って翌年に解約、という作業にどうしても違和感を覚えるからです。この時点で陸マイラー失格ですねw


◆FX案件


FX案件はFX取引用の口座を開設し、条件を満たす取引を行うことでポイントを稼ぐことができます。


一度に5,000〜20,000円相当のポイントを稼ぐことができるため、クレジットカード案件と並んで陸マイラーに人気の案件とも言われています。


条件は案件によって様々です。数十円の損失で大量ポイントを貰える案件もあれば、損失の方が貰えるポイントを上回る案件もあるので案件選びには注意が必要です。


FX口座開設は基本的には「誰でも」申し込みできますが、審査に合格する必要があります。つまり「誰でも」口座を開設できるわけではないということです。


また基本的には初めて口座開設するFXサービスのみが対象となります。一度口座開設して解約してまた申し込んでもポイントは付与されないという意味です。


クレジットカード発行でもFX口座開設でも審査に合格する必要があるわけですが、当然といえば当然ですよね。クレジットカードを発行しても使ってくれない顧客に誰が発行するでしょうか。FX口座を開設しても取引してくれない顧客に誰が口座を開くでしょうか。


普通に考えれば分かることですが、陸マイラー活動を続けていくと段々と感覚が麻痺してきます。なんで俺が審査に落ちるんだよー!と荒唐無稽な言葉を陸マイラーブログに書いて愚痴るわけです。格好悪いので、私みたいにならないために、という一言を添えてw


なお、クレジットカードはCICという機関で信用情報が各社で共有されているため、一度審査に落ちると半年間喪に服した方がよいと言われています。(半年間はクレジットカード発行を控える)


一方FX案件は各社で情報を共有していないので、一社の審査に落ちたとしても別の会社の審査には影響ないと言われています。加えて、クレジットカードの審査と比べるとFXの審査は緩いと言われています。(真偽のほどは不明)


ここまでを纏めるとクレジットカード案件と同じく「誰でも申し込むことはできるが、誰にでも口座が開けるわけではない」ということが分かると思います。


特に以下のような方はFX案件でポイントを稼ぐのは難しいかと思われます。
・安定した収入がない主婦や学生
・既に多くの口座を開設しているFXマニア


私自身の話をすると、クレジットカード案件には消極的なスタンスですが、FX案件には積極的なスタンスです。この差は何でしょうか?自問自答してみました。


クレジットカード発行・・・日常
FX口座開設・・・非日常


違いを考えると上記のようになりました。つまりクレジットカードはすでに日常で使っており生活の一部のため、使わないカードを発行してまでマイルを稼ぎたくない。


しかしFXはもともと興味がなくそもそも日常生活と切り離されているため、陸マイラー活動と割り切れば開設しても問題ないと考えている。つまりFX口座を開設しようがしまいが、日常と関係ないと言い換えることができます。


このように条件付きで「誰でも」行えるクレジットカード案件とFX案件ですが、行う人のスタンスや考え方によって取り組む案件も変わってきます。条件付きと言ってる時点で「誰でも」ではないような気がしますが(汗


◆無料相談案件


無料相談案件は生命保険や不動産投資などの相談を専門家に行うことでポイントを稼ぐことができます。


こちらも一度に10,000円相当のポイントを稼ぐことができることが多く、また無料で実施することができます。


基本的には相談するだけでよく、既婚であることなどいくつか条件はありますが、相談後の契約締結までは条件に含まれないことが多いです。


これは人によっては敷居が高い案件です。直接専門家と会って話をしなければならないので、相談だけにしようと思いつつ、押し切られる可能性もあるからです。


また逆の場合もあって、この無料相談を利用して本当に契約しようとしても、無料相談自体が設定されない場合もあります。専門家の手配が出来なかった、という理由の場合が多いみたいです。


私も生命保険の相談をして、内容が良ければ契約までやるつもりで申し込んでみたのですが、結局専門家の手配が出来なかったみたいで、そのまま無効となりました。


希望日として提示した日に他の予定を入れることが出来ず、そのまま先方から何の連絡もなしに過ぎていったので、せっかくの休みが台無しとなってしまいました。それ以降、この無料相談の案件は見送ることにしています。


ここまでを纏めるとこの案件も「条件を満たせば誰でも申し込むことはできるが、誰にでも実施できるというわけではない」ということが分かると思います。


特に以下のような方はポイントを稼ぐのは難しいかと思われます。
・既婚などの条件を満たせない方
・地方在住で専門家の手配が難しいと思われる方


◆資料請求案件


資料請求案件は不動産関連や自動車保険関連などの資料を請求することでポイントを稼ぐことができます。


これまでのクレジットカード案件、FX案件、無料相談案件と比べると稼げるポイントは下がりますが、これも無料で実施することができます。


この案件はやったことがないので正直分かりませんが、無料相談案件と同じく、人によっては敷居が高い案件だと思います。だからやってないのですがw


基本的には条件を満たした人が資料を請求するだけで終わりのはずですが、その後の電話だったりDMだったりの営業活動への対応がとても面倒かつ申し訳ない気がするからです。


実際には電話かかってこなかったよ、という声を聞くこともあるのですが、ここも普通に考えれば分かります。


資料を請求される方は、当然興味があるので資料の請求があったと思いますよね。なので資料を請求した方に電話なりDMなりの営業活動をするわけです。その後いかがでしょうか的な。それを資料を請求した人が嫌がるのはなんとも矛盾してますよね。


ここで言いたいのは電話がかかってきた・こなかったという結果の話ではなく、電話がかかってくるリスクがある、という点です。ノーリスクではないですよという意味です。


電話がかかってきた時に「いや、実はポイントが欲しかっただけなんですよ。御社の商品やサービスなんて本当は興味ないんですよね、一ミリも」


なんてことを言ってみるのも一興かもしれませんが、ポイントはおそらく無効にされるでしょう。さらには広告主経由でポイントサイトに情報が伝わり、あなたのアカウントは凍結、そしてポイントサイト界隈から永久追放となるでしょう。(実際どうなるかは不明)


このように資料請求先から電話やDMがくるリスクがあるため、私はこの案件はやってません。電話番号を教えなくてもいい案件もたまにあるみたいですが、住所のみ教えている方が訪問リスクが高そうで逆に怖かったりします。


ということで、そういうリスクは無問題という人にとっては積極的に取り組んでもいいかと思います。


ここまでを纏めるとこの案件も「誰でも申し込むことができるが、誰にでも実施できるというわけではない」ということが分かると思います。


特に以下のような方はポイントを稼ぐのは難しいかと思われます。
・資料請求後の対応が不安な方


◆外食モニター案件


外食モニター案件は、外食代のうち何割かをポイント還元するという案件です。


これまで紹介した案件は無料で行うことができますが、この案件は外食代がかかるのがポイントです。案件にもよりますが、例えば10,000円の外食代で30%の3,000円相当のポイントを稼ぐことができます。


陸マイラー活動を始める前は、私はこの案件を軸にマイルを稼ごうと考えていました。どうせ使う外食代でマイルが貯まるなんて素晴らしい、と。


しかし実際にやってみて分かったのですが、「行きたいお店が見つからない」という現実を突きつけられます。ここも普通に考えれば分かりますよね。そもそも掲載されてるのは宣伝しないといけない状況の外食店なわけです。。


とはいえ時々「これは!」というお店も見つかったりもするのですが、そこは考えてるのはみんな同じなわけで、速攻でSOLD OUTなわけですw


それから冷静に自分のライフスタイルを振り返ってみた時に、そんなに外食好きでもなく、外食にかける費用が多いわけではないという事実を突きつけられます。(自作自演w


外食モニター案件をキッカケに外食するぞ!という考え方もなきにしもあらずですが、そうまで思わせる外食店のライナップというわけでもなく。。


ですので普段から外食好きな人には向いてる案件です。お店も選択肢が豊富なわけではないので、こだわりがない人が向いてます。


ここまでを纏めるとこの案件も「誰でも申し込むことができるが、毎回希望のお店に行けるわけではない」ということが分かると思います。


特に以下のような方はポイントを稼ぐのは難しいかと思われます。
・普段あまり外食しない方
・グルメな方
・地方在住で広告のお店が近くにない方


また、先ほども書きましたがこの案件は外食代がかかるので、どこまでを必要経費とするかも考えておく必要があります。


10,000円の外食代で3,000円相当のポイントを貰える案件を月に3回行なったとします。外食費は合計で30,000円ですね。


普段から外食費が30,000円で、この案件以外に外食してないなら、陸マイラー活動としての経費は0と考えて良いでしょう。


一方で普段から外食を全くしない場合は、30,000円を陸マイラーとしての経費として計上すべきでしょう。


というのも「陸マイラーで友達紹介なしで216,000マイル貯めたよ」という人のブログを読んでも、いくら使ったのかを書いてない場合が多いからです。


次の100%還元案件でも書きますが、いくら使ってマイルを貯めたのか、というのは陸マイラー活動を行うにあたって非常に重要な点です。ここがすっぽり抜け落ちてるブログの多いこと多いことw


◆100%還元案件


100%還元案件は、商品やサービス、アプリなどを現金で購入し、購入費用と同じポイントが還元されるという案件です。大きな枠では外食モニター案件も同じグループといえます。なお、100%ではないものもありますが、ここでは100%還元商品ということで統一します。


これも外食モニターと同じで費用がかかります。お金を出してマイルを買う、いわゆる「バイマイル」と言われています。


クレジットカード案件やFX案件など無料でやれる案件は全てやったという方が最後に行き着く陸マイラー終焉の地と言われています(言ってるのは私だけ?


私が積極的にやっていたのがマッサージ案件です。マッサージを受けるだけでポイントが還元されるというやつです。詳しくはこちらをどうぞ。



私は商品購入はやったことがないのですが、購入した商品は自分で使ったり、メルカリやヤフオクで転売したり様々みたいです。


この中で手っ取り早くマイルを貯めたいという方にうってつけの案件があります。ドットマネーというサイトでよく分からない謎のサービスに50,000円で加入し、50,000円相当のポイントが付与されたのを確認したら、サービスから退会することで、あっという間にマイルを稼ぐことができます。


この案件は今まで紹介した案件と違い、まさに「誰でも」できます。金さえあればwww


つまり最終的には結局ここに行き着くわけです。身もふたもない話ですが、「金さえあれば」誰でも年間216,000マイルが貯まるというカラクリなんですwww


陸マイラーをやったことがない人は、何となく「無料」でマイルが貯まると勘違いをしています。いろんな方の陸マイラーブログを読んでいくうちに、さも「簡単に、無料で、誰でも」マイルが貯められるという錯覚に陥っていくわけです。どこにも「無料」と書いてないのにwww


いや、一部は無料なんですけどね。クレジットカード案件とかFX案件は。


ブログ村のマイレージカテゴリでPVランキングの上位ブログなんかを読んでいくと分かりますが、マイルをいくら貯めたかは(自慢げに)書いてあっても、そのマイルを稼ぐためにいくら使ったかなんて書いてないんですね。


何故書いてないのか。これも普通に考えれば分かることです。どっちがインパクトがあるのかは一目瞭然ですね。
・無料で216,000マイル貯めました!
・216,000円で216,000マイルを買いました!


これで分かっていただけたと思うのですが、結局のところ、無料でマイルを貯めるのには限界があります。


しかしおそらくここがミソで、無料で216,000マイルを貯めることができるのも事実なんです。これは嘘ではありません。無料でできるクレジットカード案件やFX案件だけでも216,000マイルは軽く稼げてしまうのです。


どこに問題があるかというと、「年間」というキーワードです。陸マイラー活動を理解していない人たちは「年間216,000マイル」というのを、「毎年」というように脳内変換してしまっているのです。誰も言ってないのに勝手にwww


いろんな方の陸マイラーブログでは「年間」とは言っても「毎年」とは書いてないわけです。だから嘘ではないのですが、説明が不十分というか、そんな理屈が成り立つわけです。


では、なぜ陸マイラーブログではそんな紛らわしい表現するのでしょうか(正確には読み手に勝手にバイアスかかってるだけですがw)。答えは次の友達紹介制度にあります。


◆友達紹介制度


友達紹介制度についてはこちらの記事にも書いているので要点だけを書きます。



なぜ陸マイラーがブログでお得な案件を紹介するのか。ここに答えがあり、つまりは友達紹介制度へと繋がっていきます。


・Aさんが書いてる陸マイラーブログ経由でBさんがCというポイントサイトに登録する
・BさんがポイントサイトCの広告を利用する
・Bさんに付与されるポイントとは別に、Aさんにもポイントが付与される


つまりはこういうことです。陸マイラーブログを書いてる側の言い分としては「お得な情報を読者に提供して、その対価として読者が登録してくれました」ということになります。


私が書いてるこのブログも全く同じで、私のブログからポイントサイトに登録してくれるのを期待して記事を書くわけです。今のところ登録者は0です。。


友達紹介制度でポイントを稼げるようになると、自分で案件を実施しなくてもポイントを稼ぐことができます。


羨ましい限りですが、自分でブログを書いてみると、これがなかなか容易ではないことが分かります。友達紹介制度で稼いでる方はそれなりに創意工夫をしながら読者に有益な情報を提供してるんだなーとしみじみ。ゲス全開のブログも多数ありますが、私はそこまでなれません。。


◆無料で稼げるマイルはどれぐらいか


では無料でどれぐらいマイルを稼ぐことができるのか、ざっくり試算したいと思います。


クレジットカード案件は、10,000円相当のポイントの案件を15件実施したとします。1ヶ月1枚発行したとして1年以上かかります。若干敷居は高いですが、不可能な数字ではないです。稼げるポイントは合計で150,000ポイント=135,000マイルです。


FX案件は15,000ポイントの案件を4件、8,000ポイントの案件を4件、5,000ポイントの案件を4件実施したとします。こちらもなかなか敷居が高いですが、不可能な数字ではないです。稼げるポイントは合計で112,000ポイント=100,800マイルです。


この2つだけでも無料で235,800マイルを稼ぐことができます。さらに無料相談案件や資料請求案件、その他の細々した無料案件をやるとさらに稼ぐことができます。これらは本当に「無料」で稼ぐことができます。


◆無料で稼いだマイルの使い道は


上記のシミュレーションで「無料」で250,000マイルを稼いだとします。これは一体どの程度の価値があるのでしょうか。


1マイルの価値は、どの席種を利用するのかで変動すると言われています。


ザックリですが、
・エコノミー(1マイル2円
・ビジネス(1マイル5円
・ファースト(1マイル10円
で試算すると、


・エコノミー(250,000 × 2 = 500,000円
・ビジネス(250,000 × 5 = 1,250,000円
・ファースト(250,000 × 10 = 2,500,000円


こうやってみると無料でここまで稼げるのは凄いですね。マイルの使い道としてはやはりビジネスクラス以上が超絶お得ということが分かります。無料で100万円超えですからね!!!!


もう一つ、別の切り口で。ANAスカイコインというものがあり、マイルをコインに変えることもできます。これにより現金と同じような使い方ができるようになるわけです。


マイルからコインへの変換レートは、持っているANAクレジットカードのランクによって異なりますが、ここでは最低の1.5倍で考えてみます。


250,000マイル × 1.5倍 = 375,000円


うーむ。マイル利用と比べると見劣り感がハンパじゃないです。クレジットカードを15枚発行し、FX口座を12個も開設した労力を考えると少ないと言わざるを得ません。。


それでもマイルを使う場合は特典航空券というものを利用しますが、国内旅行ではマイル利用よりスカイコイン利用の方がお得な場合があります。


私はまだ使えてませんが、無料でお得にマイルを貯めた後は、お得にマイルを使いたいものです。


◆無料案件が尽きたその果てに


本題に戻ります。無料で稼げる案件をやり尽くした後はどうすればいいでしょうか。無料以外の案件である外食モニター案件や100%還元案件をやるしかないのでしょうか。


他に何も手がなくマイルを貯めたいなら、現状そうするしかないと思います。


ただし、今まで案件として出てこなかったクレジットカードが新たに出てきたり、先日ハピタスで登場したビットコイン案件なんかも今後出てくる可能性はあります。


あとこれは本末転倒のような気がしますが、ポイントサイト以外でマイルを稼ぐ方法もあります。クレジットカードの入会キャンペーンだったり、アフィリエイトの利用だったり、SPGアメックスの紹介だったり。書くのを忘れてましたが、夫婦で友達紹介制度を利用するのもアリですね。


いずれにせよ「無料」でマイルを稼ぐのは、頑張っても2年分ぐらいが限界でしょうか。それ以上マイルが欲しければ、ドットマネーで50,000マイルをバイマイルする方がいろいろ考えなくて楽のような気がします。私はやりませんが、文字通り金さえあれば「誰でも」行うことができるのでw


◆まとめ


半年間の陸マイラー活動を終え、「誰でも年間216,000マイルのカラクリ」について考えてみました。


この表現。嘘ではありませんが、誇大表現という結論です。


もちろん「無料」とか「毎年」というキーワードは入っていませんが、人間の心理をついたものなのか、そう思わせるものがあります。


極端な話、ドットマネーでバイマイルをすればクレジットカード案件もFX案件もやる必要はないのです。金さえあれば、文字通り誰でも年間216,000マイルを稼げるのですからw




最後に。何となく否定的な記事になってしまいましたが、陸マイラー活動を批判するものではありません。ただその実態をお伝えしたかっただけです。


私自身まだ半年の経験であり、まだまだ知らない世界もありそうです。今後もこの陸マイラーという世界を体験し、実態をお伝えしていきたいと思います。